海角七号日语情书

<时代的宿命>

1945年、十二月二十五日。

友子。

太阳がすっかり海に沈んだ。

これで、

本当に台湾岛が见えなくなってしまった。

君はまだ、あそこに立っているのかい?

友子。

许しておくれ、この臆病な仆を。

二人のことを、けして认めなかった仆を。

どんな风に、君に惹かれるんだったっけ。

君は、髪型の规则も破るし、

よく仆を怒らせる子だったね。

友子。

君は意地っ张りで、

新しいもの好きで。

でも、

どうしようもない位、

君に恋をしてしまった。

だけど、

君がやっと卒业したとき、

仆たちは戦争に败れた。

仆は败戦国の国民だ。

贵族の様に傲慢だった仆达は、

一瞬にして、

罪人の首枷を科せられた。

贫しいいち教师の仆が、

どうして民族の罪を背负えよう?

时代の宿命は、时代の罪。

そして仆は、贫しい教师に过ぎない。

君を爱していても、

谛めなければならなかった。

<奇幻的舞朵>

三日目。

どうして君の事を思わないでいられよう。

君は南国の眩しい太阳の下で、育った学生。

仆は、

雪の舞う北から、海を渡ってきた教师。

仆らはこんなにも违うのに、

何故こうも惹かれ合うのか。

あの眩しい太阳が懐かしい。

热い风が懐かしい。

まだ忆えているよ、君が赤蚁に腹を立てる様子。

笑っちゃいけないって分かってた。

でも、赤蚁を踏み様子がとても绮丽で、

不思议なステップを踏みながら、

踊っているようで。

怒った身振り、

激しく軽やかな笑え声。

友子。

その时、仆は恋に落ちたんだ。

<各自远颺>

强风が吹いて、

台湾と日本の间の海に、

仆を沈めてくれれば良いのに。

そうすれば、臆病な自分を、

持て余さずに済む。

友子。

たっだ数日の航海で、

仆はすっかり老け込んでしまった。

潮风が连れて来る泣き声を闻いて、

甲板から离れたくない。

寝たくも无い。

仆の心は决まった。

陆に着いたら、

一生海を见ないでおこう。

潮风よ。

何故泣き声を连れてやってくる?

人は爱して泣く、

嫁いで泣く、

子供を产んで泣く。

君の幸せな未来図を想像して、

涙が出そうになる。

でも、

仆の涙を潮风に吹かれて、

溢れる前に乾いてしまう。

涙を出さずに泣いて、

仆は、まだ老け込んだ。

憎らしい风。

憎らしい月の光。

憎らしい海。

十二月の海は、どこか怒っている。

耻辱と悔恨に耐え、

騒がしい揺れを伴いながら。

仆が向かっているのは、

故郷なのか。

それとも、

故郷を后にしているのか。

<给女儿>

夕方、日本海に出た。

昼间は头が割れそうに痛い。

今日は浓い雾に立ち込め、

昼の间、仆の视界を遮った。

でも、

今は星がとても绮丽だ。

忆えてる?

君がまだ中学一年生だった顷。

天狗が月を食う农村の伝说を引っ张り出して、

月食の天文理论に挑戦したね。

君に教えておきたい理论がもう一つある。

君は、

今见ている星の光が、

数亿光年の彼方にある星から放たれてるって知ってるかい?

うわぁ。

数亿光年前に放たれた光が、

今、仆达の目に届いているんだ。

数亿年前、台湾と日本は、

一体どんな様子だったろう。

山は山、

海は海。

でもそこには谁もいない。

仆は、

星空が観たくなった。

虚ろやすいこんな世で、

永远が観たくなったんだ。

台湾で、

冬を越す雷鱼の群れを见たよ。

仆はこの思いを、

一匹に托送。

渔师をしている君の父亲が、

捕まえてくれることを愿って。

友子。

悲しい味がしても食べておくれ。

君には解るはず。

君を舍てたのではなく、

泣く泣く手放したということを。

皆が寝ている甲板で、

低く何度も缲り返す。

「舍てたのではなく、

泣く泣く手放したんだ」っと。

夜が明けた。

でも仆には関系ない。

どっち道、

太阳は浓い雾を连れて来るだけだ。

夜明け前の恍惚の时、

年老いた君の优美な姿を见たよ。

仆は髪が薄くなり、目も垂れていた。

朝の雾が舞う雪のように仆の额の皱を覆い、

激しい太阳が君の黒髪を焼きつくした。

仆らの胸の中の最后の余热は、

完全に冷め切った。

友子。

无能な仆を许しておくれ。

<彩虹>

友子。

无事に上陆したよ。

七日间の航海で、

戦后の荒廃した土地に、

ようやく立てたというのに、

海が懐かしいんだ。

海はどうして、

希望と绝望の両端にあるんだ。

コレが、最后の手纸だ。

后で出しに行くよ。

海に拒まれた仆达の爱。

でも、想うだけなら许されるだろう?

友子。

仆の想いを受け取っておくれ。

そうすれば、

少しは仆を许すことが出来るだろう?

君は一生仆の心の中に居るよ。

结婚して子供が出来ても、

人生の重要な分岐点に来るたび、

君の姿が浮かび上がる。

重い荷物を持って家出した君。

行き交う人ごみの中に、

ポツンッと伫む君。

お金を贮めてやっと买った、

白のメリヤス帽をかぶって来たのは、

人ごみの中で、

君の存在を知らしめる为だったのかい?

见えたよ。

仆には见えたよ。

君は、

静かに立っていた。

七月の激しい太阳のように、

それ以上、

直视する事は出来なかった。

君はそんなにも、静かに立っていた。

冷静に努めた心が、

一瞬热くなった。

だけど心の痛みを隠し、

心の声を饮み込んだ。

仆は知っている。

思慕という低俗の言叶が、

太阳の下の影のように、

追えば逃げ、逃げれば追われ。

一生。

あ、

虹だ。

虹の両端が海を越え、

仆と君を、

结び付けてくれますように。

============================================

一九四五年十二月二十五日
友子,太阳已经完全没入了海面
我真的已经完全看不见台湾岛了
你还站在那里等我吗?

友子
请原谅我这个懦弱的男人
从来不敢承认我们两人的相爱
我甚至已经忘记
我是如何迷上那个不照规定理发
而惹得我大发雷霆的女孩了
友子
你固执不讲理、爱玩爱流行
我却如此受不住的迷恋你
只是好不容易你毕业了
我们却战败了
我是战败国的子民
贵族的骄傲瞬间堕落为犯人的枷
我只是个穷教师
为何要背负一个民族的罪
时代的宿命是时代的罪过
我只是个穷教师
我爱你,却必须放弃你
第三天
该怎麼克制自己不去想你
你是南方艳阳下成长的学生
我是从飘雪的北方渡洋过海的老师
我们是这麼的不同
为何却会如此的相爱
我怀念艳阳…我怀念热风…
我犹有记忆你被红蚁惹毛的样子
我知道我不该嘲笑你
但你踩著红蚁的样子真美
像踩著一种奇幻的舞步
愤怒、强烈又带著轻挑的嬉笑…
友子,我就是那时爱上你的…
多希望这时有暴风
把我淹没在这台湾与日本间的海域
这样我就不必为了我的懦弱负责

友子
才几天的航行
海风所带来的哭声已让我苍老许多
我不愿离开甲板,也不愿睡觉
我心里已经做好盘算
一旦让我著陆
我将一辈子不愿再看见大海
海风啊,为何总是带来哭声呢?
爱人哭、嫁人哭、生孩子哭
想著你未来可能的幸福我总是会哭
只是我的泪水
总是在涌出前就被海风吹乾
涌不出泪水的哭泣,让我更苍老了
可恶的风
可恶的月光
可恶的海

十二月的海总是带著愤怒
我承受著耻辱和悔恨的臭味
陪同不安静地晃荡
不明白我到底是归乡
还是离乡!

傍晚,已经进入了日本海
白天我头痛欲裂
可恨的浓雾
阻挡了我一整个白天的视线
而现在的星光真美
记得你才是中学一年级小女生时
就胆敢以天狗食月的农村传说
来挑战我月蚀的天文理论吗?
再说一件不怕你挑战的理论
你知道我们现在所看到的星光
是自几亿光年远的星球上
所发射过来的吗?
哇,几亿光年发射出来的光
我们现在才看到
几亿光年的台湾岛和日本岛
又是什麼样子呢?
山还是山,海还是海
却不见了人
我想再多看几眼星空
在这什麼都善变的人世间里
我想看一下永恒
遇见了要往台湾避冬的乌鱼群
我把对你的相思寄放在其中的一只
希望你的渔人父亲可以捕获
友子,尽管他的气味辛酸
你也一定要尝一口
你会明白…
我不是抛弃你,我是舍不得你
我在众人熟睡的甲板上反覆低喃
我不是抛弃你,我是舍不得你

天亮了,但又有何关系
反正日光总是带来浓雾
黎明前的一段恍惚
我见到了日后的你韶华已逝
日后的我发秃眼垂
晨雾如飘雪,覆盖了我额上的皱纹
骄阳如烈焰,焚枯了你秀发的乌黑
你我心中最后一点余热完全凋零
友子…
请原谅我这身无用的躯体

海上气温16度
风速12节、水深97米
已经看见了几只海鸟
预计明天入夜前我们即将登陆
友子…
我把我在台湾的相簿都留给你
就寄放在你母亲那儿
但我偷了其中一张
是你在海边玩水的那张
照片里的海没风也没雨
照片里的你,笑得就像在天堂
不管你的未来将属於谁
谁都配不上你
原本以为我能将美好回忆妥善打包
到头来却发现我能携走的只有虚无
我真的很想你!
啊,彩虹!
但愿这彩虹的两端
足以跨过海洋,连结我和你

友子,我已经平安著陆
七天的航行
我终於踩上我战后残破的土地
可是我却开始思念海洋
这海洋为何总是站在
希望和灭绝的两个极端
这是我的最后一封信
待会我就会把信寄出去
这容不下爱情的海洋
至少还容得下相思吧!
友子,我的相思你一定要收到
这样你才会原谅我一点点
我想我会把你放在我心里一辈子
就算娶妻、生子
在人生重要的转折点上
一定会浮现…
你提著笨重的行李逃家
在遣返的人潮中,你孤单地站著
你戴著那顶…
存了好久的钱才买来的白色针织帽
是为了让我能在人群中发现你吧!
我看见了…我看见了…
你安静不动地站著
旧地址,海角七号…海角?
你像七月的烈日
让我不敢再多看你一眼
你站得如此安静
我刻意冰凉的心,却又顿时燃起
我伤心,又不敢让遗憾流露
我心里嘀咕,嘴巴却一声不吭
我知道,思念这庸俗的字眼
将如阳光下的黑影
我逃他追…我追他逃…
一辈子

我会假装你忘了我
假装你将你我的过往
像候鸟一般从记忆中迁徙
假装你已走过寒冬迎接春天
我会假装…
一直到自以为一切都是真的!
然后…
祝你一生永远幸福!

http://hi.baidu.com/bonbie/blog/item/b44ace43fe7895169213c660.html
喜欢阅读
  • 落跑小妻要离婚

    落跑小妻要离婚

    “苏澄澄,你休想一走了之!”玩笑婚姻,她与他一纸定缘,许下三年婚约;硝烟重重,她不想贪图荣华,只想全身而退。没有出众的外貌,没有过人的头脑,本是苏家的女儿,苏家却做不了她的靠山。情敌出现,他的猜忌,她只想带球逃跑,荣华,财富她一个都不想要,她只想安安分分的照顾好自己的孩子。偏偏孽缘难断,一夜之间,他再次出现,还成功收买了她周围的所有人。“妈妈,那个叔叔好奇怪啊,不过笑起来好温柔”“那就是个妖孽!”一纸诉状,她想赶快抽身偏偏此情难了:“妖孽,咱们离婚吧!”

  • 天龙兵少

    天龙兵少

    楼上是电影学院的超级美女,楼下中回归都市的佣兵之王。美女的戏将火遍大江南北,兵王的拳准备打遍校园与花都。青春的荷尔蒙碰撞在一起时,沸腾的是血液,燃烧的是激情。兄弟多了有龙门,敌人多了全摞倒。不过,美女太多了怎么办呢?无所不能的兵王发愁了。

  • 都市神婿

    都市神婿

    丈母娘:好女婿,求求你别离开我女儿好不好?上门女婿无尽侮辱,他只等她一句关心,就让她拥有全世界!

  • 宝贝娇妻惹人爱

    宝贝娇妻惹人爱

    上辈子她心盲眼瞎,错把仇人当恩人,最终不仅害死了那个深爱自己的男人与还未出世的孩子,还落得惨死下场。重活一次,顾西誓要手撕渣女,脚踹渣男,夺回属于自己的一切,再虐的他们生不如死!而自己上辈子负了的那个男人,这辈子,她倾尽所有,也要回报!至于原来厌恶他小妻子为何变了成了这娇羞的模样,刑北岩表示不重要,在他心里,只有一个字,“宠!”

  • 超级护花仙帝

    超级护花仙帝

    一代仙尊被好友害死,机缘巧合之下重生到现代都市,既然上天给了重来一次的机会,那么所有毒害自己的人都要付出沉重的代价!金鳞岂是池中物,一遇风雨便化龙,这一世,必证无上大道,踏璀璨之巅!

  • 坏坏娇妻再世宠婚

    坏坏娇妻再世宠婚

    重生前的顾涟漪,活得像一抹见不得光的幽灵。生而颠沛,死前流离,不人不鬼辗转半生,到头来,识人不清,顾涟漪为自己的窝囊买账。重回18岁,顾涟漪放飞自我,撩开棉门帘子一样的厚刘海,盛世美颜+逆天演技,她用实力阐释“这戏不火,因为缺我,此脸不红,天理难容”。重生好处多,唯有一点Bug,是不是有人私自给她写入了什么精神病属性代码,不然她为啥要经常与衍生的黑化人格进行自我斗争?……顾涟漪怼记者:你是什么货色,我就什么脸色。记者:这臭脾气谁给惯的,她咋不上天呢?!连爷:我惯的,谁有意见。

  • 高冷爹地是总裁

    高冷爹地是总裁

    因为一次买卖他遇见她,几年后的一次偶然,两人相遇,电光火石间,火花四溅。就是那个顾洛成,他可是个传奇,听说他还获得过服装设计和公共管理的双博士。并且他还有建筑设计的功底,简直就是个全才!他的清风集团在全世界都首屈一指,福布斯富人排行榜上的首位啊!还有啊,他现在在泉城似乎还掌握着顾氏集团呢!据说他还是个钻石王老五啊!

  • 终极暗卫

    终极暗卫

    上帝之手这个组织,听说过么?陆渊万万没有想到,热血了一辈子,反恐、打黑、缉毒、维和,出生入死这么多年,好不容易要退役了,最后一项任务却是保镖?还和这个他暗访多年的组织,有千丝万缕的关联……

  • 猜你喜欢
  • 热门推荐
  • 中山厨师招聘58同城
  • 女教师二时限目无修ova
  • 囍 网名什么意思
  • 英雄年代 电影
  • 有关sports英文作文
  • 竖笛剪羊毛怎么吹视频
  • 缩小图片分辨率
  • 色系从浅到深怎么排列
  • 欢乐颂王子文的手表
  • blueo钢化膜
  • 裸车13.5万 落地多少
  • 高杨程离心泵型号大全
  • sql 纵向变横向
  • 星学院之蔷薇花的约定
  • 向12380举报有什么后果
  • Fourthly
  • 微信api接口 python
  • 银色边框电视机好看吗
  • y对x求导是什么意思
  • 羊道.春牧场读后感
  • All Right Reserved 资料库